2018年7月5日木曜日

雨の日々 たまには作る 歌や句を

雑踏に 後姿を 歩み入れ いつしか紛れ 横浜の宵
城下町 水澄み緋鯉 群れ泳ぐ
石いくつ 水に見たてて 白き砂

■ 2018-07-09
ことしまた 同じ花撮る 人我の 同級生も 少なくなりて
白磁より 桜果ひとつ ひとつづつ 口に含みて 果柄引きぬく
・・・ これじゃ 聞いてわからん。
さくらんぼ きいてわからん うたもあり
春愁や 指に挟んだ タバコから

■ 2018-07-12、若山牧水、みなかみ紀行、を読んで、・・・
笑み割れた 栗の実拾う 根方かな



2018年6月24日日曜日

アラブ首長国連邦からアクセスがあった。


■ アラブ首長国連邦からアクセスがあった。
■ 初めてかもしれない。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
دعونا كتابة اسم مسقط رأسك في كاتاكانا

2018年6月22日金曜日

浜木綿の歌、こんなのがあった。

足利義尚 - Wikipedia

■ 浜木綿を詠んだ歌は、他にもあるだろうけれど、・・・
  • 立ちかへり千鳥なくなり浜木綿のこころへだてて思ふのかは   宇多院
  • 源義尚選・新百人一首、7番
■ こんな歌があった。